Artist

上松美香 1982年7月2日生まれ 長野県安曇野市出身

Profile

13歳の頃より母親でアルパ奏者のクリスティーナ・上松の元でアルパを習い始める。15歳でパラグアイへ渡りパラグアイ国最大の音楽祭「グアランバレフェスティバル(フェスティバル・デ・タクアレ)」において、日本人として初めて演奏し、「特別賞」を受賞。またアグスティ−ン・バルボ−サ音楽財団より金メダル受賞。1999年、17歳の時に第2回全日本アルパコンクールで優勝。同年、メキシコシティ−で行われた、ラテンアメリカ・アルパ・フェスティバルに出演し熱狂的なスタンディング・オベーションを受ける。

2000年、キングレコードより全曲自身のアレンジによる春のソロアルバム「INOCENCIA」でデビューし、14週連続でチャートインを果たす。以後、2年間で5枚のアルバムを発表。年間200本以上の公演に加え、メディアにも多数出演し日本全国にアルパを広める。2003年、活動を一時休止してアイルランドやパラグアイなどに渡航し、更なるアルパの世界を広げ作曲活動に専念。2004年、ユニバーサルミュージックへ移籍。2005年、ユニバーサル移籍第一弾として、オリジナル曲を中心としたアルバム「mika AGEMATSU」を発表。同年、先駆的活動をしている女性に贈られる「エイボン芸術賞」を受賞。

2006年、時を越えて愛される名作アニメの音楽を、アルパの技巧・音色を駆使した初のアニメカヴァー・アルバム「ANIPA(アニパ)」や、STB139スイートベイジルで行われたライヴDVD「上松美香LIVE!〜2006・春〜 MIKA AGEMATSU LIVE - 2006, SPRING -を発表。2007年、自身が理想とするラテン音楽を創るために新ユニット"Cruz″を結成しアルバム「Cruz del Sur(クルス・デル・スル)/南十字星」を発表。長野県信毎文化事業財団より文化・スポーツ活動などで優れた業績をあげ社会に貢献した人に送られる「第12回信毎選賞」を受賞。

2008年4月よりBSジャパン「写真家たちの日本紀行」番組メインテーマを担当。7月自身初の全曲アルパソロによるギターの名曲カバーアルバム「カヴァティナ」を発表。同年10月、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。11月には南米パラグアイ国において初のオリジナルコンサート「シンフォニア・デ・アルパ2008」を開催し、満席の観客よりスタンディング・オベーションを受け、大成功を収めた。同時に開催された「グアランバレ音楽祭」「第2回世界アルパフェスティバル」にも出演。

2009年、デビュー10周年特別企画盤「上松美香ベストArco iris〜虹〜」、「青春の輝き〜上松美香Playsカーペンターズ」を発表。2010年、70台のアルパがステージに並ぶ「グランフェスティバル2010を主宰し、成功を収める。近年は、コンサート、学校公演やCD制作を柱とし、また著名アーティストとの共演も多く行い、演奏家・作曲家としての活動の場を広げている。特に声優アーティストの水樹奈々との親交が深く、2009年の「NHK紅白歌合戦」での参加、CDレコーディング、楽曲提供、またライブでは東京ドーム、西武ドーム、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナなどにゲスト出演。一方で後進の指導も積極的に行うなど、人気・実力ともに日本を代表するアルパ奏者として目覚ましい活躍を続けている。

上松美香 Official Site

Support Artist

黒岩麻衣子
黒岩麻衣子 Official Site
金子芽生
金子芽生オ Official Site
川窪裕子
川窪裕子 Official Site

※写真をクリックしてください。

Artist Profile

作曲家・編曲家・作家

藤間仁 Hitoshi Fujima

1981年、東京都生まれ。2004年南米に渡りギターの奏法を追求し、独自のアレンジ力により今までにない新しいギターの世界を広げている。音楽作家集団、Elements Gardenの一員として劇伴音楽やバンドサウンド、打ち込み系など多様な音楽ジャンルに柔軟に対応する作・編曲家としても活躍中。同時に上松美香のアルバム制作に関わり、ギター演奏、作曲、編曲を担当。総合的なアルバムバランスのディレクションも行う。株式会社アイニー・ミュージックカンパニー代表取締役。

【主な参加作品】
<TVアニメ>
「うたの☆プリンスさまっ♪」、「世紀末オカルト学院」、「B型H系」、「WHITE ALBUM」
<ゲーム>
「幻想水滸伝ティアクライス」、「WILD ARMS XF」、「ギャラクシーエンジェル供
<アーティスト>
水樹奈々、佐藤ひろ美、飛蘭
その他多数

Elements Garden

▲Page Top